Orkester Dreydel 2017 - Yiddish Music Lecture & Concert -

東欧ユダヤ音楽・クレズマー演奏会 vol.11

~シャガールが愛した、故郷の旋律~
「父祖の地(エレツ・イスラエル)」のクレズマー
  Klezmer Music from Erez Israel

2017 11月23日(祝・木)14:30 開演1400 開場)

料金:一般前売り ¥2,500 当日 ¥3,000

大学生以下は無料(学生証をご提示下さい)

※障害者のかた割引あり
※障害者手帳をお持ちの方は¥1,500(前売り・当日共)にてご入場頂けます。
受付にて手帳をご提示下さい。(同伴が必要な方は同伴1名様入場無料)

会場:京都市国際交流会館イベントホール
606-8536 京都市左京区粟田口鳥居町2-1 TEL075-752-3010(代表)

http://www.kcif.or.jp/HP/access/jp/index.html

 京都市営地下鉄東西線「蹴上(けあげ)」より徒歩5

  出演:オルケステル・ドレイデル Orkester Dreydel

     樋上 千寿(クラリネット)、秦コータロー(アコーディオン)、
     大橋 祐子(ピアノ)、高橋 延吉(ドラム)

ひとびとの祈りの気持ちとひとつになっていた、歌、そして踊り。
そのこころを高揚させた、楽師たちが奏でる哀しみと慶びの旋律。
シャガールがカンヴァスに描き留めた、東欧ユダヤのこころの調べに迫る、
シリーズ第11弾―新たなテーマによる充実のステージ!!

18世紀からホロコースト(第2次世界大戦中のユダヤ人大量虐殺)前夜まで東欧のユダヤ人共同体「シュテットル」での結婚式で演奏されていたクレズマー音楽を、文化史的な背景説明を交えて生演奏で紹介する「オルケステル・ドレイデル」のレクチャー&コンサートです。
11回目となる今回は「イスラエルのクレズマー音楽」をご紹介します。これまでご紹介してきた「離散地」のクレズマー音楽とは違うソースを持つ「父祖の地」で共有されてきたクレズマー音楽とは、どのような響き、そしてリズムなのか!?―
“もうひとつのクレズマー音楽” の新たなボキャブラリーに触れてください!

◎前売り券のご予約方法・お問い合わせ先

 本ブログのメッセージ欄から「ご氏名、人数」をお知らせ下さい。

※チケットは原則として当日受付にお取り置きさせて頂きます。

事前に郵送をご希望の方はその旨お伝え下さい。その場合、送料を含む代金

をお振込み頂きます。誠に恐れ入りますが、お振込みに掛かる手数料はご負

担頂きますよう、お願い申し上げます。

企画・制作、主催:京都造形芸術大学・樋上千寿 
助成:JSPS科研費15K02205  公益財団法人朝日新聞文化財団
後援:NPO法人イディッシュ文化振興協会

Deydel2017Nov23a01
Deydel2017Nov23a02