あの“Yiddish Summer Weimar”がいよいよ来秋東京に上陸!!
クレズマー界きっての巨匠による、日本初の本格的クレズマー音楽ワークショップ!!

Yiddish Music Workshop in Tokyo 2016

東欧ユダヤ人が親しんだクレズマー音楽は、そのレパートリーの多くがダンス曲で占められています。祝祭時や結婚式の各場面ではそれぞれ意味のこめられたダンスがクレズマー楽師の演奏で踊られました。したがってクレズマー楽師は旋律だけでなく各種のダンスにも通暁していなければなりませんでした。優れたクレズマー楽師は、同時に優れたダンサーでもあったと言われています。クレズマー音楽を理解するには、楽曲だけでなく、これらのダンスを同時に理解する必要があります。「ダンス」と「ダンス曲」は表裏一体のものなのです。

このワークショップでは、世界の第一線で活躍する演奏家と舞踏家を海外から招聘し、クレズマー音楽とイディッシュ・ダンスの基礎を集中的に学びます。主にクレズマー音楽に高い関心をお持ちの演奏家や舞踏家、音大生の皆さんを対象に、「ホラ」や「ブルガール」、「フレイラッハ」など、特に親しまれたダンスのステップ、拍子、テンポ、ノリなどを、実践を通して体得した上で、それぞれのダンス曲の演奏にも挑戦します。

日本では滅多に得られないこの貴重な機会に、ぜひ奮ってご参加下さい!

日程:20161118日(金)~20日(日)
   
@ギャラリーX(カイ)(両国シティコア2階) 
     http://www.theaterx.jp/access.php
各日9:2016:40 3日間で一通りのワークショップです。
講師: アラン・バーン (アコーディオン、ピアノ)
    マーク・コヴナツキー(ヴァイオリン、ダンス) 
    吉田佐由美(ダンス)

コーディネーター:樋上千寿(京都造形芸術大学、オルケステル・ドレイデル代表)

    サポート・スタッフ(通訳):アンナ・グラデュコヴァ(東京大学大学院)、
                           三代真理子(東京藝術大学)

※授業は英語または日本語で行われます。英語の場合はサポート・スタッフによる日本語通訳が付きます。

【対象】演奏家、音大生、アマチュア演奏家、舞踏家、その他関心のある方

【定員】30名程度(先着順)

【参加費】¥12,000(全3日間。早期割引あり)
      
学生¥7,000(各費用は予定、詳細は後日決定。)

☆詳細は、予告チラシ(下記↓)を御覧下さい。

第1回東欧ユダヤ音楽ワークショップ 予告(最新)0001第1回東欧ユダヤ音楽ワークショップ 予告(最新)0002

関連演奏会:東欧ユダヤ音楽・クレズマー演奏会
「シャガールが愛した、故郷の旋律」
Vol.10
20161117日(木)18:00~(予定) @シアターX 参加費¥1,000

出演:オルケステル・ドレイデル(樋上千寿=Cl.アンナ・グラデュコヴァ=Vl.
三代真理子=Acc.松本みさこ=Acc.他)

   ゲスト出演:アラン・バーン=Acc.&Pf. マーク・コヴナツキー=Vl.


☆最新情報は随時更新して参ります。