オルケステル・ドレイデルのブログへようこそ!

東欧ユダヤ音楽・クレズマーを専門に演奏する、オルケステル・ドレイデルのブログです。 最新情報をタイムリーにお知らせしていきます!

あの“Yiddish Summer Weimar”がいよいよ来秋東京に上陸!!
クレズマー界きっての巨匠による、日本初の本格的クレズマー音楽ワークショップ!!

Yiddish Music Workshop in Tokyo 2016

東欧ユダヤ人が親しんだクレズマー音楽は、そのレパートリーの多くがダンス曲で占められています。祝祭時や結婚式の各場面ではそれぞれ意味のこめられたダンスがクレズマー楽師の演奏で踊られました。したがってクレズマー楽師は旋律だけでなく各種のダンスにも通暁していなければなりませんでした。優れたクレズマー楽師は、同時に優れたダンサーでもあったと言われています。クレズマー音楽を理解するには、楽曲だけでなく、これらのダンスを同時に理解する必要があります。「ダンス」と「ダンス曲」は表裏一体のものなのです。

このワークショップでは、世界の第一線で活躍する演奏家と舞踏家を海外から招聘し、クレズマー音楽とイディッシュ・ダンスの基礎を集中的に学びます。主にクレズマー音楽に高い関心をお持ちの演奏家や舞踏家、音大生の皆さんを対象に、「ホラ」や「ブルガール」、「フレイラッハ」など、特に親しまれたダンスのステップ、拍子、テンポ、ノリなどを、実践を通して体得した上で、それぞれのダンス曲の演奏にも挑戦します。

日本では滅多に得られないこの貴重な機会に、ぜひ奮ってご参加下さい!

日程:20161118日(金)~20日(日)
   
@ギャラリーX(カイ)(両国シティコア2階) 
     http://www.theaterx.jp/access.php
各日9:2016:40 3日間で一通りのワークショップです。
講師: アラン・バーン (アコーディオン、ピアノ)
    マーク・コヴナツキー(ヴァイオリン、ダンス) 
    吉田佐由美(ダンス)

コーディネーター:樋上千寿(京都造形芸術大学、オルケステル・ドレイデル代表)

    サポート・スタッフ(通訳):アンナ・グラデュコヴァ(東京大学大学院)、
                           三代真理子(東京藝術大学)

※授業は英語または日本語で行われます。英語の場合はサポート・スタッフによる日本語通訳が付きます。

【対象】演奏家、音大生、アマチュア演奏家、舞踏家、その他関心のある方

【定員】30名程度(先着順)

【参加費】¥12,000(全3日間。早期割引あり)
      
学生¥7,000(各費用は予定、詳細は後日決定。)

☆詳細は、予告チラシ(下記↓)を御覧下さい。

第1回東欧ユダヤ音楽ワークショップ 予告(最新)0001第1回東欧ユダヤ音楽ワークショップ 予告(最新)0002

関連演奏会:東欧ユダヤ音楽・クレズマー演奏会
「シャガールが愛した、故郷の旋律」
Vol.10
20161117日(木)18:00~(予定) @シアターX 参加費¥1,000

出演:オルケステル・ドレイデル(樋上千寿=Cl.アンナ・グラデュコヴァ=Vl.
三代真理子=Acc.松本みさこ=Acc.他)

   ゲスト出演:アラン・バーン=Acc.&Pf. マーク・コヴナツキー=Vl.


☆最新情報は随時更新して参ります。

 



  

シアターXカイ特別提携公演

 dybbuk projekt
朗読劇『ディブック――二つの世界のはざまで』(S・アン=スキ作、赤尾光春訳)
日時:2016年2月4日(木)/5日(金)18:00~20:45(開場は開演の30分前)
場所:劇場 東京・両国 シアターX(カイ)
http://www.theaterx.jp/access.php 

参加費:無料(各回につき定員160名) 

予約受付:070-5350-1972 / e.pithecanthropus[at]gmail.com(atは@に変換してください)[赤尾]

プログラム:
第1部(18:00~18:50)
解説:「『ディブック』の文化的背景について」
     赤尾光春(大阪大学)
演奏会:「東欧ユダヤ音楽とハシディズムの旋律(ニグン)」
      ドレイデル・トリオ:クラリネット:樋上千寿(オルケステル・ドレイデル)
               アコーディオン:秦コータロー  歌:赤尾光春

第2部 (19:00~20:45)
朗読劇:『ディブック――二つの世界のはざまで』
      演出:鈴木径一郎(sputnik.)
           出演:岸本愉香(sputnik./第2劇場)、宮本荊(LifeR)
         石田雅章(劇団イシダトウショウ、濱本直樹(DanieLonely)
         江本真里子、小中太、赤尾光春
     演奏:クラリネット:樋上千寿
       アコーディオン:秦コータロー  
Dybbuk2016-flyer_soto

Dybbuk2016-flyer_naka
主催:文部科学省・科学研究費・基盤研究(B)「「ユダヤ自治」再考――アシュケナージ文化圏の自律的特性に関する学際的研究」(研究代表者:赤尾光春)
共催:大阪大学文学研究科ドイツ文学研究科
協力:未知谷、神戸ユダヤ文化研究会
本企画はJSPS 科研費 26284115 の助成を受けて実施するものです。

(関連企画)

『ディブック』――記録映画上映とシンポジウム

―越境するユダヤ演劇―

日時:201626日(土)13:3018:30

場所:東京大学本郷キャンパス 法文2号文学部1番大教室(定員220名)

参加:無料(事前申し込み不要)

プログラム:

13:30-13:40 開会の辞 西成彦

1部(13:40-16:10):記録映画の上映と講演(ツヴィカ・セルペル テルアビブ大学教授)
・上映『ディブック あるいは二つの世界の間で』(イスラエルでの上演の記録映画、日本語字幕あり)約2時間
・講演「『ディブック あるいは二つの世界の間で』の演出における日本伝統演劇の要素と美学」(日本語)
2部(16:30-18:30):シンポジウム「『ディブック』――その成立と受容をめぐって」
・司会:沼野充義(東京大学)
・パネリスト:西成彦(立命館大学)、村井華代(共立女子大学)、赤尾光春(大阪大学)、鴻英良(演劇批評家)、ツヴィカ・セルペル(テルアビブ大学)
主催:東京大学文学部現代文芸論研究室/文部科学省・科学研究費・基盤研究(C)「比較植民地文学研究の新展開――「語圏」概念の有効性の検証」(研究代表者:西成彦)

本企画はJSPS 科研費 15K02462 の助成を受けて実施するものです。


↑このページのトップヘ