オルケステル・ドレイデルのブログへようこそ!

東欧ユダヤ音楽・クレズマーを専門に演奏する、オルケステル・ドレイデルのブログです。 最新情報をタイムリーにお知らせしていきます!

テーマ:「イディッシュの国(Yiddishland)の首都ヴィルナ(ヴィリニュス)」

日時:201719日(月・祝)13:0018:00

会場:京都大学吉田南構内 総合人間学部棟 地下1B07教室

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_ys.html
地図内84番の校舎です。
 プログラム 
13:3013:30 趣旨説明
13:3014:30  イディッシュの国の首都両大戦間期におけるヴィルナのイディッシュ文化
  報告者:セシール・E・クズニツ(バード大学、ニューヨーク)

14:3015:30  ワルシャワ vs. ヴィルナイディッシュの国の首都
  報告者:キース・I・ワイザー(ヨーク大学、トロント)

15:5016:30 「ジャガーリ」と「若きヴィルナ」戦間期ヴィリニュスの「ポリシステム」
 報告者:田中壮泰(日本学術振興会)

16:3017:15 討論
17:15~18:00  オルケステル・ドレイデルによるクレズマー演奏と解説
 出演:樋上千寿 Clarinet、秦コータロー Accordion

参加無料、予約不要
詳細はチラシを御覧下さい↓
flyer-01flyer-02

東欧ユダヤ音楽・クレズマー演奏会「シャガールが愛した、故郷の旋律」Vol.10 特別編

201611月17日(木)18:00~17:30開場) 

東京・両国 シアターX(カイ) 

http://www.theaterx.jp/access.php

 

参加費¥1,000 高校生以下¥500

 

出演:オルケステル・ドレイデル Orkester Dreydel

   樋上千寿=Cl.アンナ・グラデュコヴァ=Vl.
   松本みさこ、
三代真理子=Acc. 高橋延吉=Ds.

ゲスト出演:アラン・バーン=Acc.&Pf. マーク・コヴナツキー=Vl.

18世紀からホロコースト(第2次世界大戦中のユダヤ人大量虐殺)前夜まで、東欧のユダヤ人共同体での結婚式で演奏されていたクレズマー音楽、そして東欧ユダヤ人固有の言語「イディッシュ」で謡われた民謡を、文化史的な背景説明を交えて生演奏で紹介する「オルケステル・ドレイデル」のレクチャー&コンサートです。

シリーズ第10回は、現代クレズマーの巨匠アラン・バーン博士と、俊英ヴァイオリニスト、マーク・コヴナツキー氏を迎えての「特別編」です。正真正銘、「本物のクレズマー」をこの機会にぜひご堪能ください!!

☆ぜひワークショップ↓と合わせてご参加ください

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

東欧ユダヤ音楽ワークショップ Yiddish Autumn Tokyo 2016

日程:201611月18日(金)~20日(日@ギャラリーX(カイ)(両国シティコア2階)

 

各日10:3017:45(詳細は公式サイトの「日程と時間割」参照)

    3日間で一通りのワークショップです。(一日単位での参加も可能)

  講師: アラン・バーン (アコーディオン、ピアノ)

     マーク・コヴナツキー(ヴァイオリン、ダンス)

     吉田佐由美(ダンス)

 コーディネーター:樋上千寿(京都造形芸術大学、オルケステル・ドレイデル代表)

 サポート・スタッフ(通訳):アンナ・グラデュコヴァ(東京大学大学院)、三代真理子(東京藝術大学)

 

【対象】演奏家、音大生、アマチュア演奏家、舞踏家、その他関心のある方

【定員】30名程度(先着順)

【参加費】一般¥12,000(全3日間)、学生¥7,000

 ※1日単位で参加する場合、1日¥4,000です。(学生は1日¥3,000

  3日間の内容は同一ではありませんのでご了解ください。

  各日の内容は公式サイト「日程と時間割」をご覧ください。

 

◆参加費はワークショップ初日に受付にてご精算頂きます(現金のみ)。

 

★最終日20日(日)16:3017:15は公開セッション!どなたでも参加自由(無料)です。

 

開催場所:両国シティコア・2階ギャラリーX(カイ)

JR総武線両国駅西口より徒歩3

https://www.ryogoku-city.co.jp/

 

●ワークショップ参加のお申込み&お問い合わせ●

Yiddish Autumn Tokyo 2016 公式サイト

http://smile-chitoshi.wixsite.com/yiddishtokyo

上記サイトのCONTACTページ、または

当ブログメッセージ欄より、お申込み下さい。

その際、氏名・担当楽器(プロ/アマ/学生または舞踏家その他の別)を明記ください。

 

Deydel2016Nov17final0001
Deydel2016Nov17final0002
final0001s
final0002s




Orkester Dreydel 2016 - Yiddish Music Lecture & Concert -

東欧ユダヤ音楽・クレズマー演奏会vol.10

「シャガールが愛した、故郷の旋律 ~シュテットルのニグンnigunim fun shtetl ~」
2016 10月22日(土)14:30 開演1400 開場)

料金:一般前売り ¥2,500 当日 ¥3,000

大学生以下は無料(学生証をご提示下さい)

※障害者のかた割引あり
※障害者手帳をお持ちの方は¥1,500(前売り・当日共)にてご入場頂けます。
受付にて手帳をご提示下さい。(同伴が必要な方は同伴1名様入場無料)

会場:京都市国際交流会館イベントホール
606-8536 京都市左京区粟田口鳥居町2-1 TEL075-752-3010(代表)

http://www.kcif.or.jp/HP/access/jp/index.html

 京都市営地下鉄東西線「蹴上(けあげ)」より徒歩5

  出演:オルケステル・ドレイデル Orkester Dreydel

     樋上 千寿(クラリネット)、大橋祐子(ピアノ)、高橋延吉(ドラム)
OrkesterDreydel2012-1ed

ひとびとの祈りの気持ちとひとつになっていた、歌、そして踊り。
そのこころを高揚させた、楽師たちが奏でる哀しみと慶びの旋律。

シャガールがカンヴァスに描き留めた、東欧ユダヤのこころの調べに迫る、

シリーズ第10回を飾る珠玉の名曲の数々!!


18世紀からホロコースト(第2次世界大戦中のユダヤ人大量虐殺)前夜まで、東欧のユダヤ人共同体での結婚式で演奏されていたクレズマー音楽、そして東欧ユダヤ人固有の言語「イディッシュ」で謡われた民謡を、文化史的な背景説明を交えて生演奏で紹介する「オルケステル・ドレイデル」のレクチャー&コンサートです。
「伝統」とは、常に刷新されつつ受け継がれていくものである―との認識に基づき、過去から現代に至るまで生き続けるクレズマー音楽の生命力に、トラディショナルから現代作曲家の楽曲までを通して迫る渾身のプログラム!!

◎前売り券のご予約方法・お問い合わせ先

 本ブログのメッセージ欄から「ご氏名、人数」をお知らせ下さい。

※チケットは原則として当日受付にお取り置きさせて頂きます。

事前に郵送をご希望の方はその旨お伝え下さい。その場合、送料を含む代金

をお振込み頂きます。誠に恐れ入りますが、お振込みに掛かる手数料はご負

担頂きますよう、お願い申し上げます。

企画・制作、主催:京都造形芸術大学・樋上千寿 
助成:JSPS科研費15K02205
後援:NPO法人イディッシュ文化振興協会
Deydel2016Oct22_01ed
Deydel2016Oct22_02ed


 


 

 


 

↑このページのトップヘ